腹直筋を鍛える腹筋ダイエット運動

腹直筋を強化することによって、お腹を引き締めるという腹筋ダイエットも知られています。足を蹴るような動きで腹直筋を鍛えつつ、片足立ちをすることでお尻の筋肉を強化していきます。この運動では、腹直筋を使うだけでなく、ダンベルを前方に突き出すことによって二の腕や肩の筋肉も使います。1~2キロ程度のダンベルをひとつ両手で持ちます。足は肩幅に開きみぞおちを引き上げ姿勢を整えます。手は前方に、足は左足を90度に曲げながら右足を後ろに引き、右足の裏をできるだけ伸ばします。肩から力を抜いて、耳と肩が近づかないように心がけつつ、右ひざと伸びてる腕が接触するくらいにまで伸ばして元に戻ります。右と左、それぞれ30回ずつ行えは終了です。じっくりとこの運動をすることによって、筋肉を使ったという実感が得られれば理想的です。ダンベル運動をする時のコツは、ダンベルの勢いや遠心力に引っ張られてしまうことがないようにすることです。静かな動作でダンベルを持った手を動かすことができれば、腹筋に確実に負荷をかけつつのダイエットができます。腹筋ダイエットで大切なのは、毎日コツコツ続けることです。腹筋を使った運動を長く続けることができれば、腹筋の割れが見た目でも確認できるくらい脂肪を消費することが可能です。ウエストのサイズダウンには、腹筋ダイエットを継続することが必要です。
マルーン水素風呂